当サイトはプロモーションが含まれています。

MCZ70Zの口コミ評判をレビュー!お手入れは?ダイキンうるるとさらら空気清浄機

MCZ70Zダイキン空気清浄機の口コミ評判をレビュー!お手入れやフィルター交換は? 家電
スポンサーリンク

ダイキンうるるとさらら除加湿ストリーマ空気清浄機MCZ70Zの口コミ評判をレビューします。

MCZ70Zは、2022年10月に発売された2023年モデル最大適用畳数32畳除加湿空気清浄機です。

除湿・加湿・空気清浄機能すべてがついたモデルは、ダイキン空気清浄機ではこちらのシリーズのみ。

ダイキンストリーマ空気清浄機MCZ70Zの口コミ評判レビューには、

  • おまかせ運転で湿度管理が楽
  • ニオイが気にならなくなった
  • 空気清浄能力がよい
  • 外出先からスマホで操作できる

など、満足度の高い口コミがたくさん見られましたよ♪

実際の詳しい口コミ評判や、機能や特長は本文にてご紹介しますね。

気になるお手入れ方法やフィルター交換についても、しっかり解説します!

ダイキンは、空気清浄機メーカーの中でもトップの性能
MCZ70Zは、性能も機能も文句なしの最高ランクの除加湿空気清浄機です。

かなり高評価の空気清浄機でしたが、お値段も高く迷っている方も多いと思います。

こちらの記事ではデメリット部分もしっかり紹介しますので、迷っている方の参考になれば嬉しいです。

MCZ70Zは、ブラウンの一色のみとなっています。

▼除湿・加湿・集塵・脱臭を1台に搭載。ダイキンうるるとさららMCZ70Z

\スマイルSALE開催中!/
Amazon
\ご愛顧感謝デー開催中!要エントリー/
楽天市場
\paypayで毎日5%獲得/
Yahooショッピング

>>2024年モデルMCZ704Aとの違いについてはこちらでご紹介しています。

MCZ70Zの口コミや評判をレビュー!ダイキンうるるとさらら空気清浄機

ダイキンうるるとさらら除加湿ストリーマ空気清浄機MCZ70Zは、良い口コミが多く、悪い口コミは少なかったです。

まずは悪い口コミからご紹介します。

MCZ70Zの悪い口コミ・デメリット

悪い口コミ

2点ほど悪い口コミをご紹介しますね。

思っていたよりも大きい

  • 思っていたよりも大きい
  • 思っていたよりも奥行きがあった
  • 大きくてなかなか場所をとる

MCZ70Zのデメリットとして、「大きい」という意見が挙げられていました。

MCZ70Zの大きさは[幅41.5×奥行き36×高さ69c]です。
本体質量は[23kg(水なし)]です。

最大適用畳数32畳ですし、通常の空気清浄機よりも大きくて重いのは確かです。

MCZ70Zは、『除湿・加湿・空気清浄』の3つの機能を持ち合わせていますし、それぞれ置くことを考えたら省スペースではありますね。

重さは水なしで23kgありますので、除湿や加湿で水がプラスされたらもっと重くなってしまいます。

ただ、MCZ70Zにはキャスターが標準で付いています

にゃんこ
にゃんこ

「大きかったけど、キャスターが付いているので移動が楽」
という口コミもあったよ!

階をまたいで移動させるのはしんどいと思いますので、部屋間を移動させて使いたいと思っている方は検討された方がいいと思います。

給水タンクが小さい

  • 給水タンクの減りが早く、給水ランプのお知らせが早く感じる
  • 加湿タンクの容量が少ない

もうひとつのデメリットとして、「給水タンクの容量が少ない」という意見がありました。

MCZ70Zのタンク容量は約3.0Lです。

そこまで容量が少ないというわけでもないかな?とは思いますが、本体の大きさの割には小さめでしょうか。

加湿量は680mL/時間なので、4時間は加湿できます

除湿力は8.0~9.0L/日なので、半日除湿した場合は2回は水を捨てる作業が必要になります。

あまりタンクが大きくなっても運ぶのが大変ですし、特に女性や高齢の方はこのくらいが調度良いのではないかな~、と個人的には思います。

▼除湿・加湿・集塵・脱臭を1台に搭載!ダイキンうるるとさららMCZ70Z

MCZ70Zの良い口コミ

良い口コミ

ダイキン除加湿ストリーマ空気清浄機MCZ70Zは、良い口コミが多かったです♪

ひとつずつご紹介していきますね。

おまかせ運転で湿度管理が楽

  • 除加湿運転が優秀
  • 快適に過ごせる湿度にコントロールしてくれる
  • 自動で除湿・加湿をしてくれる

MCZ70Zは、「おまかせ」ボタンを押せば、自分で湿度を確認して運転を切り替える必要はありません。

お部屋の温度に合わせた目標湿度になるように、除湿・加湿を自動で切り替えて運転します。

加湿だけでなく除湿までも自動で切り替えて運転するというのは、とても助かりますね。

にゃんこ
にゃんこ

価格は高いけど、さすが!の機能!

ニオイが気にならなくなった

  • 脱臭力を感じる
  • お部屋のニオイがすっきりする
  • 加齢臭は完全に取り切れないが、臭わなくて最高

匂いが気にならなくなった」という口コミも多かったです!

MCZ70Zは、2倍の分解力で脱臭能力も高いと評判です♪

口コミではペットを飼っている方やお部屋のニオイに困っている方の利用が多い印象でした★

臭いに敏感な方やペットを飼われている方は、特にぴったりですね。

空気清浄能力がよい

  • ペットを飼っている方におすすめの空気清浄能力
  • 空気清浄の威力がよい

は、空気清浄能力もとても高いと評判です♪

MCZ70Zを取り入れたら、お部屋の空気が快適に感じられそうですね♪

スマホで操作ができる

  • スマホで操作できるのがいい
  • スマホからスケジュールタイマー管理ができる

MCZ70Zは、外出先でスマホから空気や湿度の状態を確認して、運転することが可能です♪

スマートフォンだけでなく、スマートスピーカーにも対応していますよ。

帰宅時にお部屋な快適な状態になっているのは魅力的ですね^^

他にも、
「見た目も機能も申し分ない」
「冬の結露対策にも抜群の効果があった」
「乾燥が思った以上に軽減した」
などの口コミも見られましたよ♪

▼除湿・加湿・集塵・脱臭を1台に搭載!ダイキンうるるとさららMCZ70Z

MCZ70Zのお手入れ方法は? ダイキンうるるとさらら空気清浄機

ダイキンうるるとさらら除加湿ストリーマ空気清浄機MCZ70Zのお手入れ方法を解説します。

除加湿機能がついているので、お手入れが面倒ではないか、気になるところですよね。

MCZ70Zのお手入れ方法は、比較的簡単だと感じました!

除加湿運転時のお手入れ
  • 加湿タンク:振り洗い
    給水のたび
  • 除湿タンク:水洗い
    約1ヶ月に1度、またはニオイや汚れが気になるとき
  • 加湿トレー:水洗い
    約1ヶ月に1度、またはニオイや汚れが気になるとき
  • 加湿フィルターユニット:重曹またはクエン酸によるつけ置き
    約1ヶ月に1度、またはニオイや汚れが気になるとき
定期的なお手入れ
  • プレフィルター:掃除機・水洗い
    約2週間に1度、汚れが気になる時は水洗い
  • ホコリ/PM2.5センサー:ふき取り
    約3週間に1度
汚れが気になるとき
  • 集塵フィルター:掃除機
  • 脱臭フィルター:掃除機
    ニオイが気になる時は日陰で風にあてる
  • ストリーマユニット:つけおき・ふき取り
    (ストリーマランプが点滅したら、もしくは汚れが気になるとき)
  • ホコリ/PM2.5センサー:掃除機

定期的なお手入れが必要な部分が少ないのは、嬉しいですよね♪

加湿タンクのお手入れは毎日必要ですが、振り洗いするだけですし、そんなに苦にならないんじゃないかなー、と思います。

▼除湿・加湿・集塵・脱臭を1台に搭載。うるるとさらら除加湿空気清浄機MCZ70Z

MCZ70Zのフィルター交換時期は?ダイキンうるるとさらら空気清浄機

ダイキンうるるとさらら除加湿ストリーマ空気清浄機MCZ70Zのフィルター交換についてご説明しますね。

  • 集塵フィルター(TAFUフィルター):約10年を目安に交換
    価格は4,000円前後~8,000円台
  • 加湿フィルター:約10年を目安に交換
    価格は4,000円弱
  • 脱臭フィルター任意交換(お手入れしてもニオイが気になるとき)
    価格は6,600~7,700円程度

集塵フィルター加湿フィルターは交換が必要で、交換の目安は約10年

フィルターの価格はショップによって差がありましたが、そこまで高くはないと思います。

交換の手間も出費も減るのは嬉しいですね^^

ダイキンストリーマ空気清浄機MCZ70Zの集塵フィルター[KAFP092A4]はこちら

\スマイルSALE開催中!/
Amazon
\ご愛顧感謝デー開催中!要エントリー/
楽天市場
\paypayで毎日5%獲得/
Yahooショッピング

ダイキンストリーマ空気清浄機MCZ70Zの加湿フィルター[KNME107A4]はこちら

\スマイルSALE開催中!/
Amazon
\ご愛顧感謝デー開催中!要エントリー/
楽天市場
\paypayで毎日5%獲得/
Yahooショッピング

ダイキンストリーマ空気清浄機MCZ70Zの脱臭フィルター[KAD107A4]はこちら

\スマイルSALE開催中!/
Amazon
\ご愛顧感謝デー開催中!要エントリー/
楽天市場
\paypayで毎日5%獲得/
Yahooショッピング


フィルターは約10年交換不要!うるるとさらら除加湿空気清浄機MCZ70Z

MCZ70Zの電気代はいくら?ダイキンうるるとさらら空気清浄機

電気代はいくら?

空気清浄機は長時間運転することもあり、電気代は気になるところですよね。

ダイキンうるるとさらら除加湿ストリーマ空気清浄機MCZ70Zの消費電力から電気代を算出してみました。

使用環境や地域、電力会社によっても異なりますので、あくまで【目安】として参考程度にお願いします。

MCZ70Zの標準モード使用でのおおよその電気代
※1kWh 31円で計算

モード(標準)空気清浄加湿空気清浄除湿空気清浄
50Hz(東日本)/60Hz(西日本)
電気代
12時間使用1日あたり
6.6円7.4円76.2円/81.8円
電気代
1日12時間×30日使用
200.8円223.2円2,287.8円/2,455.2円
MCZ70Zの標準モードでのおおよその電気代

除湿空気清浄運転をすると、電気代がグン!と高くなってしまいます。
一日中フル稼働させると電気代がかなり高くなることも考えられますので、その点は注意です★

湿度の高い状態だとカビやダニ発生の原因となってしまいますし、ジメジメするのも不快なので、適宜使用したいところですね。

空気清浄と加湿空気清浄は電気代の心配はしなくてよさそうです♪
さらには、『節電モード』もありますので、もっと電気代を抑えることも可能ですよ!

節電モードとは・・・

ストリーマ・アクティブプラズマイオンは「切」で、消費電力を抑えた運転です。

節電モードは、「しずか」「弱」で自動運転。
空気がキレイな状態と、湿度を満たす状態が5分程度続くと「みはり運転モード」に切り替わります。

設定湿度から外れたり、ホコリ・ニオイを検知すると「節約モード」運転します。

除湿は電気代が高いから、加湿空気清浄機にしよう!という方には、【MCK70Z】がよいですよ。

MCK70Zの口コミ評判などは、こちらの記事を参考にしてみてくださいね。▼
>>MCK70Zダイキン空気清浄機の口コミ評判をレビュー!お手入れやフィルター交換は?

▼フィルターは約10年交換不要!節電モードあり♪ダイキンMCZ70Z

MCZ70Zの音はうるさい?ダイキンうるるとさらら空気清浄機

ダイキンうるるとさらら除加湿ストリーマ空気清浄機MCZ70Zの実際の運転音(dB)について解説します。

MCZ70Zの運転音(dB)は、
空気清浄 18~54dB
加湿空気清浄 25~54dB
除湿空気清浄 38~44dB

です。

・20dBの目安は「静か」、「ささやき」「木の葉のふれあう音」
・30dBの目安は「静か」、「郊外の深夜」「ささやき声」
・40dBの目安は「普通」、「市内の深夜」「図書館」
・50dBの目安は「普通」、「静かな事務所」「換気扇から1mの距離」

と言われています。

MCZ70Zで一番運転音が大きいのは、空気清浄と加湿空気清浄の「ターボ」運転です。

ターボ運転は、かなり空気が汚れている時・かなり乾燥している時など、一時的な利用が多いかと思います。

口コミには「音が静か」という意見もありましたし、そこまでうるさいわけではなさそう、と感じましたよ♪

▼除湿・加湿・空気清浄を1台に搭載!ダイキンうるるとさららMCZ70Z