当サイトはプロモーションが含まれています。

MCK70Zの口コミ評判をレビュー!お手入れやフィルター交換は?ダイキン加湿空気清浄機

MCK70Zダイキン空気清浄機の口コミ評判をレビュー!お手入れやフィルター交換は? 家電
スポンサーリンク

ダイキン加湿ストリーマ空気清浄機MCK70Zの口コミ評判をレビューします。

MCK70Zは、2022年10月に発売された2023年モデル最大適用畳数31畳加湿空気清浄機です。

ダイキン加湿ストリーマ空気清浄機MCK70Zの口コミ評判レビューには、

  • くしゃみが減った
  • ペットのニオイと抜け毛が気にならなくなった
  • 音がとても静か
  • 加湿タンクの吸水が楽
  • デザインがよく、インテリアを邪魔しない

など、満足度の高い口コミがたくさん見られましたよ♪

実際の詳しい口コミ評判や、機能や特長は本文にてご紹介しますね。

お手入れ方法やフィルター交換についてもしっかり解説します!

ダイキンは、空気清浄機メーカーの中でもトップの性能を誇る商品です。

かなり高評価の加湿空気清浄機でしたが、デメリット部分もしっかり紹介しますので、迷っている方の参考になれば嬉しいです。

MCK70Zのカラーは、[ホワイト]と[ブラウン]の2色展開です。

▼リビングに最適なタワー型ハイグレードモデル ダイキン加湿空気清浄機MCK70Z

>>2024年モデル・MCK704AとMCK70Zの違いについてはこちらでご紹介しています。

MCK70Zの口コミや評判をレビュー!ダイキン加湿空気清浄機

ダイキン加湿ストリーマ空気清浄機MCK70Zは、とても良い口コミが多く、悪い口コミは少なかったです。

1点だけ挙げられていたデメリットをご紹介しますね。

MCK70Zの悪い口コミ・デメリット

悪い口コミ
  • 思っていたよりも大きく感じた
  • 本体がかなり大きく重い
  • 高さが760mmあるのでかなり大きく感じる

ダイキン加湿ストリーマ空気清浄機MCK70Zのデメリットとして、「本体が大きい」という、大きさに関することが挙げられていました。

MCK70Zの大きさは[幅31.5×奥行き31.5×高さ76cm]です。
本体質量は[12.5kg(水なし)]です。

MCK70Zは、タワー型なので設置面積は大きいわけではありません

設置面積は、従来機より約13%削減されています。

高さは76cmありますので、通常の加湿空気清浄機よりも高いと感じるかもしれませんね。

質量が水を入れていない状態で12.5kgですので、水を入れたらもっと重くなりますね。

MCK70Zには標準でキャスターは付いていませんが、別売りのキャスターがあります。
楽に移動したいと考えている方は、検討されてみてはいかがでしょうか。

▼MCK70Z対応キャスター[KKS080B41]はこちら

\年に一度のビッグセールプライムデー開催!/
Amazon
\LINE連携でずっとおトク/
Yahooショッピング

ちょっと大き過ぎるな…と思う方は、ひと回り小さい『MCK55Z』を検討してもいいかもしれませんね。

MCK55Zは、[幅27×奥行27×高さ70cm]で、25畳までの加湿ストリーマ空気清浄機となっています。▼

\年に一度のビッグセールプライムデー開催!/
Amazon
\LINE連携でずっとおトク/
Yahooショッピング

▼タワー型ハイグレードモデル~31畳まで ダイキン加湿空気清浄機MCK70Z

MCK70Zの良い口コミ

良い口コミ

ダイキン加湿ストリーマ空気清浄機MCK70Zは、本当に良い口コミが多かったです♪

ひとつずつご紹介していきますね。

鼻のぐずぐずが緩和した

  • 鼻詰まりが激減した
  • くしゃみの回数が劇的に減った
  • くしゃみ、鼻水、目のかゆみが緩和した
  • 子供の咳、くしゃみが出なくなった

MCK70Zの口コミの中で一番すごいと感じたのは、「くしゃみが減った」「鼻詰まりが減った」などという口コミの多さでした。

花粉やアレルギーにお困りの方の意見が特に多い印象でした。

強い味方になること間違いなしですね!

ニオイが気にならなくなった

  • 愛犬のニオイと抜け毛が気にならなくなった
  • ペットの匂いが気にならなくなった
  • 猫のトイレの匂いにも敏感に反応してくれる
  • 加齢臭に効果を感じた

ペット臭や加齢臭など、「匂いが気にならなくなった」という口コミも多かったです!

我が家でも猫と暮らしていますが、ペット臭は気になりますよね。

MCK70Zは、脱臭能力も高いと評判です♪

臭いに敏感な方やペットを飼われている方は、特にぴったりですね!

音が静か

  • 音が非常に静か
  • 動作音は静かで一日中動かしても気にならない

MCK70Zは「音が静か」という口コミがたくさん見られました。

MCK70Zは、
ワイドな吹き出し口の採用
ファンをフィルターの下部に配置することによる防音効果
で、人が感じる運転音を約30%低減させています。

実際の運転音(dB)については後ほど詳しく解説しますね。

加湿タンクの吸水が楽

  • 水を注いで足せるのはすごく楽
  • 給水タンクの脱着が不要なので、給水時のストレスが軽減される

ダイキン加湿ストリーマ空気清浄機MCK70Zは、加湿運転をする場合の「水タンクの給水が楽」という声も見られました。

MCK70Zは、タンクを外さずに給水が可能です。

重いタンクを持ち運ばなくてもよいのは嬉しいですよね

高齢の方でも使いやすいのでは、と思いました♪

デザインがよい

  • マットなデザインで可愛い
  • 電化製品らしくなく部屋に調和する
  • インテリアの邪魔をしないデザイン

ダイキン加湿ストリーマ空気清浄機MCK70Zは、[ホワイト]と[ブラウン]の2色展開です。

空気清浄機は出しっぱなしにしておくものなので、見た目も重要ですよね!

シンプルでインテリアを邪魔しないデザインですし、2色カラーというのも嬉しいです。

お部屋の雰囲気に合わせて選ぶことができますね。

▼リビングに最適なタワー型ハイグレードモデル ダイキン加湿空気清浄機MCK70Z

MCK70Zの掃除は簡単?お手入れ方法 ダイキン加湿空気清浄機

ダイキン加湿ストリーマ空気清浄機MCK70Zのお手入れ方法を解説します。

加湿機能もついているので、お手入れは気になるところですよね。

MCK70Zのお手入れ方法は、比較的簡単だと感じましたよ♪

加湿運転時のお手入れ
  • 水タンク:振り洗い
    毎日
  • 加湿フィルターユニット:重曹またはクエン酸によるつけ置き
    約1ヶ月に一度、またはニオイや汚れが気になるとき
  • 加湿トレー:水洗い
    約1ヶ月に一度、またはニオイや汚れが気になるとき
定期的なお手入れ
  • プレフィルター(前面・左右):掃除機・水洗い
    約2週間に1度
  • ホコリ/PM2.5センサー:ふき取り
    約3週間に1度
汚れが気になるとき
  • ホコリ/PM2.5センサー:掃除機
  • フィルター固定ユニット:掃除機
  • 脱臭フィルター:掃除機、ニオイが気になる時は日陰で風にあてる
  • 集塵フィルター:掃除機

定期的なお手入れが必要な部分が少ないのは、嬉しいですよね♪

水タンクのお手入れは毎日必要ですが、振り洗いするだけですし、給水ついでに済ませればそんなに苦にならないですね。

プレフィルターは、パネルを開けずに掃除機で吸うことができますよ!
お部屋の掃除ついでにサッと済ませることができますね。

▼リビングに最適なタワー型ハイグレードモデル ダイキン加湿空気清浄機MCK70Z

MCK70Zのフィルター交換時期はいつ?費用は?

ダイキン加湿ストリーマ空気清浄機MCK70Zのフィルター交換について解説します。

  • 加湿フィルター:約10年を目安に交換
    価格は6,000円弱
  • 集塵フィルター(TAFUフィルター):約10年を目安に交換
    価格は1万円前後
  • 脱臭フィルター任意交換(お手入れしてもニオイが気になるとき)
    価格は6,000円前後

加湿フィルターと集塵フィルターは交換が必要で、交換の目安は約10年です。

お高めとはいえ、10年交換不要というのはとても助かりますね♪

購入後の手間も出費も減るのは嬉しいポイントですね^^

ダイキンストリーマ空気清浄機MCK70Zの加湿フィルター[KNME108A4]はこちら

\年に一度のビッグセールプライムデー開催!/
Amazon
\LINE連携でずっとおトク/
Yahooショッピング

ダイキンストリーマ空気清浄機MCK70Zの集塵フィルター[KAFP102A4]はこちら

\年に一度のビッグセールプライムデー開催!/
Amazon