当サイトはプロモーションが含まれています。

CAH-2G10FとCAH-2G10Eの違いは2つ!アラジングラファイトヒーター比較

CAH-2G10FとCAH-2G10Eの違いは2つ!アラジングラファイトヒーター比較 家電
スポンサーリンク

アラジン電気ストーブ遠赤グラファイトヒーター CAH-2G10FCAH-2G10Eの違いを徹底比較しました。

CAH-2G10F2023年9月発売。
CAH-2G10E2022年9月発売。

CAH-2G10Eが旧型の型落ち品となります。

どちらにも、進化した「グラファイトeヒーター」が搭載されており、ムラなく足元まであたためてくれます♪

CAH-2G10FとCAH-2G10Eの違いを比較してみると、下記の2つの違いがあることが分かりました。

CAH-2G10FCAH-2G10Eの違い
  • 価格の違い
  • エコモードの違い
にゃんこ
にゃんこ

他の機能は全く一緒だよ!

CAH-2G10F(2023年発売)がおすすめな人
  • 最新の家電が良い
  • エコモードを使って電気代を抑えたい
  • ふるさと納税返礼品として受け取りたい

▼エコモードが進化!ゆらぎecoモード搭載で節電効果が高い!CAH-2G10F

\5と0のつく日ポイント4倍!/
楽天市場
\LINE連携でずっとおトク/
Yahooショッピング

CAH-2G10Fは、ふるさと納税としての取り扱いがあります。

実質2,000円となりますので、とってもお得です!

CAH-2G10E(2022年発売)がおすすめな人
  • 新型と大きな違いがなければ安い型落ち品を選ぶ
  • 予算を抑えたい

▼エコモード以外は同機能!価格が魅力♪CAH-2G10E

>>CAH-2G10Eの口コミ評判、電気代やふるさと納税についてはこちらの記事をご覧ください。

にゃまっぷ
にゃまっぷ

CAH-2G10Eは、販売終了している店舗もあります!
型落ち品がいいという方は早めのご購入をおすすめします!

どちらもグリーン(G)とホワイト(W)の2色展開です。


違いの詳細や共通する機能・特長などは本文にて詳しく解説しますね♪

CAH-2G10FとCAH-2G10Eの違いを比較!アラジングラファイトヒーター

CAH-2G10FCAH-2G10Eは下記の違いがありました。

CAH-2G10FとCAH-2G10Eの違い
  • 価格の違い
  • エコモードの違い

ひとつずつ解説していきますね。

価格の違い

CAH-2G10F:36,300円~
CAH-2G10E:28,000円~
※2023年9月現在の価格です
価格は変動しますので、実際の価格は販売サイトをご確認ください。

新しいモデルであるCAH-2G10Fの方が価格は高いです。

大手ECサイトを確認したところ、カラーによって価格が異なり、8,300円以上の差がありました。

購入するならできるだけ安く購入したいところですよね。

それぞれの価格の比較や最安値は下記からチェックできますので、気になる方はチェックしてみてくださいね。

にゃんこ
にゃんこ

AmazonのCAH-2G10Eは、CAH-2G10EYしかなかったよ~

CAH-2G10EYは、ヤマダ電気モデル。
ガードが縦じゃなく、横になっているよっ!

エコモードの違い

どちらもエコモードは搭載していますが、CAH-2G10Fの方がより進化した「ゆらぎecoモード」を搭載しています。

CAH-2G10Fゆらぎecoモード[ボタンを押すと作動
▶・室温が22℃未満→300W~700W(上限は設定W数によって異なる)の範囲で、50Wずつ上昇と低下を繰り返し運転

・室温が22℃以上→300W~400Wの範囲で、50Wずつ上昇と低下を繰り返し運転

CAH-2G10E:ecoモード22℃以上で作動
▶室温が22℃に達すると自動的にワット数を抑えて運転

にゃんこ
にゃんこ

CAH-2G10Fは、22℃未満でもエコモードを押すと作動!
CAH-2G10Eは、22℃未満の場合は作動しないんだね!


CAH-2G10Fは、ゆらぎeco運転ボタンを押すと、室温に応じてワット数を変えながら運転します。

例えば、1000W・500Wで運転していた場合▼

省エネモード/
温度
ゆらぎecoモードOFF時の
設定ワット数
ゆらぎecoモードON/
22℃未満
ゆらぎecoモードON/
22℃以上
ワット数1000W300~700W300~400W
ワット数500W300~500W300~400W

表のワット数の範囲で、50Wずつ上昇低下を繰り返しながら運転します。

CAH‐2G10Eは、eco運転ボタンを押し、22℃に達すると消費電力を抑えて(設定ワット数より100W~300W抑える)運転します。

例えば、1000W・500Wで運転していた場合▼

ecoモードOFF時の
設定ワット数
ecoモードON
22℃に達した場合のワット数
1000W700W
500W400W
にゃまっぷ
にゃまっぷ

ecoモードオフ時のワット数によっても異なりますが、より電気代を抑える可能性があるのはCAH-2G10Fですね!

▼ゆらぎecoモード搭載!22℃未満でも作動してゆらぎ運転♪CAH-2G10F

\5と0のつく日ポイント4倍!/
楽天市場
\LINE連携でずっとおトク/
Yahooショッピング

▼ecoモードは22℃以上で作動!CAH-2G10E

CAH-2G10FとCAH-2G10Eどっちがおすすめ?

CAH-2G10FCAH-2G10E違いを踏まえて、どちらがどんな人におすすめなのかを整理しますね。

CAH-2G10Fがおすすめな人


CAH-2G10F(2023年発売)がおすすめな人
  • 最新の家電が良い
  • エコモードを使って電気代を抑えたい
  • ふるさと納税返礼品として受け取りたい

CAH-2G10Fは、型落ちのCAH-2G10Eと比較すると価格は高くなるものの、「ecoモード」が進化し「ゆらぎecoモード」になりました。

CAH-2G10Fは、温度に関わらずエコモードを押すと作動し、消費電力を抑えます。


にゃまっぷ
にゃまっぷ

1日2時間、
・1000W設定でそのまま使用した場合
・1000W設定で「ゆらぎeco」を使用した場合
を比較すると、90日で約3,200円の節電になります!

▼ゆらぎeco搭載!節電効果が高い♪2023発売モデルCAH-2G10Fはこちら

\5と0のつく日ポイント4倍!/
楽天市場
\LINE連携でずっとおトク/
Yahooショッピング

ふるさと納税の取り扱いは、CAH-2G10Fのみです。

実質2,000円となりますので、とってもお得になりますね^^
寄付限度額がありますので、気になる方はシミュレーターで確認してみてくださいね▼

>>楽天ふるさと納税 限度額の計算はこちら

CAH-2G10Eがおすすめな人


CAH-2G10E(2022年発売)がおすすめな人
  • 新型と大きな違いがなければ安い型落ち品を選ぶ
  • 予算を抑えたい

CAH-2G10Eにもecoモードは搭載していますが、室温が22℃以上になると消費電力を抑えて運転します。
そのため、CAH-2G10Fよりは節電効果は劣ります。

しかし、他の機能はCAH-2G10Eと全く同じで、暖かさも変わりません。

価格は型落ち品ということもあり、CAH-2G10Eの方が安いです。

にゃんこ
にゃんこ

初期費用を抑えられるのはCAH-2G10Eだね!

▼価格が安いのが魅力♪2022年発売モデルCAH-2G10Eはこちら

>>CAH-2G10Eの口コミ評判、電気代やふるさと納税についてはこちらの記事をご覧ください。

にゃまっぷ
にゃまっぷ

・CAH-2G10Fのゆらぎecoモード
・CAH-2G10Eのecoモード
の電気代の差の比較は困難ですが…
長く使うことを考えたら、電気代が抑えられるCAH-2G10Fがおすすめです♪

CAH-2G10FとCAH-2G10Eの共通の機能や特長

アラジン電気ストーブ遠赤グラファイトヒーター CAH-2G10FCAH-2G10Eの違いを解説しましたが、共通の機能と特長をご紹介しますね。

アラジン遠赤グラファイトヒーターの紹介動画はこちら▼

遠赤グラファイトヒーターですぐに暖かい


アラジングラファイトヒーターCAH-2G10FCAH-2G10Eは、アラジン独自の技術である「遠赤グラファイト」を搭載しています。

立ち上がりは0.2秒!とても速いのが特長です。

にゃんこ
にゃんこ

帰宅時など身体が冷え切っている時、特に助かるねっ♪

グラファイトeヒーターで発熱温度を変化させ、足元までムラなくあたたまる

グラファイトeヒーター
旧グラファイトヒーター(SEH-G100B) 進化したグラファイトeヒーター(CAH-2G10E)
[引用元:アラジン公式サイト 2022暖房カタログより]

CAH-2G10FCAH-2G10Eのグラファイトヒーターは、進化した「グラファイトeヒーター」が搭載されています。

ヒーターからの熱が中心部分に集中せずに、ムラなく広がります