当サイトはプロモーションが含まれています。

ルンバj9とルンバj9+の違いは2つ!アイロボット掃除機を徹底比較

ルンバj9とルンバj9+の違いは2つ!アイロボット掃除機を徹底比較 家電
スポンサーリンク

アイロボット ロボット掃除機
ルンバj9とルンバj9+の違いを徹底比較しました。

ルンバj9・ルンバj9+は、2023年9月発売。

ルンバj9・ルンバj9+は、ルンバの基本性能となる「史上最高の清掃力」と「物体回避能力」を兼ね備えた、ルンバシリーズで最もハイスペックなモデルです。

どちらも障害物を回避するので、散らかったままでも清掃開始ができます!

ルンバj9とルンバj9+の違い
  • クリーンベース(ゴミ自動収集機)の有無
  • 価格の違い

ルンバj9とルンバj9+の機能の違いは、クリーンベースの有無だけです。

にゃんこ
にゃんこ

「プラス」が付いている方にクリーンベースが付いているんだね!

ルンバj9がおすすめの人
  • クリーンベース(ゴミ自動収集機)の必要性を感じない
  • ゴミ捨てが苦にならない

▼クリーンベースなし!ゴミ捨ては自分で行う ルンバj9はこちら

>>ルンバj9の口コミ評判、吸引力やお手入れ方法についてはこちらの記事でご紹介しています。

ルンバj9+がおすすめの人
  • 掃除の後のゴミ捨てが面倒に感じる
  • アレルギー持ちなので、ゴミ捨て時のゴミの舞い上がりが気になっている

▼クリーンベースがゴミを吸引!ゴミ捨て不要♪ルンバj9+はこちら

>>ルンバj9+の口コミ評判、紙パックの交換頻度やお手入れ方法はこちらの記事でご紹介しています。

購入を検討されている方の参考になれば嬉しいです。

ルンバj9とルンバj9+の違いを比較!

アイロボット ロボット掃除機 ルンバj9とルンバj9+の違いを徹底比較しました。

ルンバj9とルンバj9+の違い
  • クリーンベース(ゴミ自動収集機)の有無
  • 価格の違い

違いについて詳しく解説していきますね。

ルンバj9とルンバj9+の違い:クリーンベースの有無

ルンバj9:クリーンベースなし
ルンバj9+クリーンベースあり

ルンバj9には、クリーンベース(自動ゴミ収集機)はありません
ダスト容器にたまったゴミは、自分で捨てることになります。

ルンバj9+には、クリーンベース(自動ゴミ収集機)があり、清掃後、自動でゴミ吸引を行います。


ゴミが舞い上がったり、周りに散らばる心配がありません♪

また、ゴミの吸引先の紙パックは、最大1年分のゴミを収納できますので、こまめな交換は必要ありません。

にゃんこ
にゃんこ

ゴミに触れたくない!って人はj9+がいいね!

ハウスダストアレルギーの人も安心♪

▼クリーンベースなし!ゴミ捨ては自分で行う ルンバj9はこちら

▼クリーンベースがゴミを吸引!ゴミ捨て不要♪ルンバj9+はこちら

ルンバj9とルンバj9+の違い:価格の違い

ルンバj9:109,800円
ルンバj9+:139,800円
※2023年12月公式サイトの価格

ルンバj9とルンバj9+の価格の差は、3万円です。

大手ECサイトでは、販売価格や還元ポイントが異なっています。

価格や最安値が気になる方は、下記リンクからチェックしてみてくださいね。

▼クリーンベースなし!その分価格が安い♪ ルンバj9はこちら

▼クリーンベースがゴミを吸引!ゴミ捨て不要♪ルンバj9+はこちら

ルンバj9とルンバj9+の比較表

ルンバj9ルンバj9+
価格109,800円(公式サイト)139,800円(公式サイト)
対応できる部屋数5部屋以上5部屋以上
吸引力最大2倍 (ルンバiシリーズとの比較)最大2倍 (ルンバiシリーズとの比較)
壁際、角の掃除
清掃パターン
自動充電&自動再開スマート充電&再開スマート充電&再開
さまざまな床材に対応
音声アシスタント
(Googleアシスタント、Amazon Alexa、Siriショートカットに対応)

(Googleアシスタント、Amazon Alexa、Siriショートカットに対応)
季節やライフスタイルに合わせた清掃提案
ゴミ捨て自動
掃除する部屋の指定
汚れた場所を最初に清掃
部分清掃(ピンポイント清掃)
障害物を認識・回避
進入禁止エリア
ルンバ/ブラーバと連携
電源方式・充電時間充電式リチウムイオン電池
(充電時間:約3時間)
充電式リチウムイオン電池
(充電時間:約3時間)
本体寸法(最大幅×高さ)33.9cm×8.7cm本体:33.9cm×8.7cm
クリーンベース:奥行き40cm×幅31cm×高さ34cm
本体重量(バッテリー含む)約3.4kg約3.4kg
無線通信Wi-Fi 2.4GHz帯 / 5GHz帯Wi-Fi 2.4GHz帯 / 5GHz帯
付属品バッテリー(内蔵)
ホームベース(充電ステーション)
電源コード
交換用フィルター
交換用エッジクリーニングブラシ
バッテリー(内蔵)
クリーンベース
クリーンベース用電源コード
交換用紙パック

交換用フィルター
交換用エッジクリーニングブラシ

▼クリーンベースなし!その分価格が安め♪ ルンバj9はこちら

▼クリーンベースがゴミを吸引!ゴミ捨て不要♪ルンバj9+はこちら

ルンバj9とルンバj9+どっちがおすすめ?

アイロボット ルンバj9ルンバj9+の違いを解説しましたが、どちらがどんな方におすすめなのか整理しますね。

ルンバj9がおすすめの人

ルンバj9がおすすめの人
  • クリーンベース(ゴミ自動収集機)の必要性を感じない
  • ゴミ捨てが苦にならない

ルンバj9には、クリーンベースは付属していません
そのため、ルンバj9+より価格が抑えられています。

ゴミ捨てが苦にならなく、クリーンベースの必要性を感じない方は、j9が良いでしょう。

にゃんこ
にゃんこ

ダストカップは丸洗いできるから、汚れをスッキリ落とせるよっ!


▼クリーンベースなし!その分価格が安い♪ ルンバj9はこちら

>>ルンバj9の口コミ評判、吸引力やお手入れ方法についてはこちらの記事でご紹介しています。

ルンバj9+がおすすめの人

ルンバj9+がおすすめの人
  • 掃除の後のゴミ捨てが面倒に感じる
  • アレルギー持ちなので、ゴミ捨て時のゴミの舞い上がりが気になっている

ルンバj9+には、クリーンベースが付属しています


吸引先のゴミパックは、最大1年分のゴミを収納しますので、こまめな交換も必要ありません。

ゴミ捨てが面倒に感じている方、ハウスダストアレルギーでゴミを捨てる際にゴミの舞い上がりが気になっている方にぴったりです。

にゃんこ
にゃんこ

細かいチリホコリにも触れずに済むし、吸い込む心配もないね♪

クリーンベース:奥行き40cm×幅31cm×高さ34cm

▼クリーンベースがゴミを吸引!ゴミ捨て不要♪ルンバj9+はこちら

>>ルンバj9+の口コミ評判、紙パックの交換頻度やお手入れ方法はこちらの記事でご紹介しています。

ルンバj9+の機能や特長は?

アイロボット ルンバj9とルンバj9+の違いをお伝えしましたが、共通の機能や特長を解説しますね。

アイロボット独自のクリーニングシステム ゴミのピックアップ率NO.1


ルンバj9・ルンバj9+は、アイロボット独自の3段階クリーニングシステムを搭載しています。

エッジクリーニングブラシ
2本のゴム製のデュアルアクションブラシ
吸引力2倍(ルンバ i シリーズとの比較)のパワーリフト吸引

ルンバj9+は、「iシリーズ」と比較すると、吸引力が最大2倍のハイスペックモデルです。

実証結果では、ゴミのピックアップ率NO.1です!

フローリングだけでなく、畳やラグなど、どんな床も徹底清掃します

にゃまっぷ
にゃまっぷ

カーペットを検知すると自動的に吸引力をアップします!
カーペットのゴミは取れにくいので、嬉しい機能ですね♪

障害物を回避!散らかったまま掃除が可能


ルンバj9・ルンバj9+は、物を認識するため、ケーブルや衣類などの障害物を認識して回避しながら清掃を行います

回避する対象
コード・ケーブル
ペットの排泄物(犬または猫の固形の糞のみ・毛玉や吐しゃ物、液体は対象外)
靴・スリッパ
靴下・ファブリック・衣服
リュックサック
ペットの食器
猫用トイレ
ペットのおもちゃ(ボールやロープなど)
犬・猫など。

※iRobot Homeアプリに接続し、障害物検知が自動(推奨)の状態でご使用いただく必要があります。

にゃまっぷ
にゃまっぷ

回避する対象は順次アップデートするので、今後にも期待です!

一度の走行で間取り学習 自動でマッピング


ルンバj9・ルンバj9+は、部屋のレイアウトや置いてある家具を一度で自動認識します。

口コミでは、「マッピング(部屋の間取りを学習)機能が素晴らしい」という声もたくさん寄せられていました♪

充電切れなし!自動充電し清掃を再開