Amazon新生活SALE!3/1~エントリーはこちら

当サイトはプロモーションが含まれています。

MCK704AとMCK70Zの違いは?ダイキン加湿空気清浄機 新旧比較

MCK704AとMCK70Zの違いは?ダイキン加湿空気清浄機 新旧比較 家電
スポンサーリンク

ダイキン加湿ストリーマ空気清浄機
MCK704AMCK70Zの違いを徹底比較しました。

MCK704Aは、2024年モデル(2023年10月発売)
MCK70Zは、2023年モデル(2022年10月発売)

MCK70Zは、型落ちの旧型品となります。

MCK704AMCK70Zは、最大適用畳数31畳加湿空気清浄機です。

MCK704AとMCK70Zの違い
  • 価格の違いのみ

機能性能・カラーバリエーションなどは全く同じです。

「購入するなら最新家電が良い」というこだわりがなければ、価格が安い型落ちのMCK70Zがおすすめです。

MCK704AMCK70Zは、各サイトで価格が異なり、カラーによっても価格差がありました。
価格の詳細について、機能や特長についてご紹介していきますね。

迷われている方の参考になれば幸いです。

MCK704AMCK70Zのカラーは、[ホワイト(W)]と[ブラウン(T)]の2色展開です。

▼2024年モデル ダイキン加湿空気清浄機MCK704Aはこちら

▼2023年モデル ダイキン加湿空気清浄機MCK70Zはこちら

>>MCK70Zの口コミ評判、お手入れやフィルター交換についてはこちらでご紹介しています。

MCK704AとMCK70Zの違いは?ダイキン加湿空気清浄機

ダイキン加湿ストリーマ空気清浄機 MCK704AMCK70Zの違いを徹底比較しました。

MCK704Aは、2024年モデル(2023年10月発売)
MCK70Zは、2023年モデル(2022年10月発売)

MCK704AMCK70Zの違い
  • 価格の違いのみ

機能性能などは全く同じです。

型落ち品であるMCK70Zの方が、2万円前後安いです。

各サイトを見たところ、価格は各サイトによって異なり、またカラーによっても価格が異なりました。

2024年モデルMCK704A-W(ホワイト):72,167円~
2024年モデルMCK704A-T(ブラウン):68,199円~
2023年モデルMCK70Z-W(ホワイト):49,643円~
2023年モデルMCK70Z-T(ブラウン):49,644円~
※2023年12月現在の価格です。価格は変動しますので、各サイトの価格をご確認下さい。

各サイトのカラー別の価格や最安値は、下記リンクからチェックできますので、気になる方はご覧になってみてくださいね。

にゃんこ
にゃんこ

還元ポイントやクーポンの有無もチェックしてね!

▼2024年モデル ダイキン加湿空気清浄機MCK704Aはこちら

▼2023年モデル ダイキン加湿空気清浄機MCK70Zはこちら

MCK704AとMCK70Zどっちがおすすめ?

ダイキン加湿ストリーマ空気清浄機 MCK704AMCK70Zの違いをご紹介しましたが、どちらがどんな人におすすめか整理しますね。

MCK704A(2024年モデル)がおすすめの人

MCK704Aがおすすめの人
  • 高くても最新の家電が良い

MCK704Aは、型落ち旧型品MCK70Zと機能や性能は全く同じです。

「購入するなら高くなっても最新の家電が良い」という方には、2024年モデルであるMCK704Aがおすすめです。

▼2024年モデル ダイキン加湿空気清浄機MCK704Aはこちら

MCK70Z(2023年モデル)がおすすめの人

MCK70Zがおすすめの人
  • 同じ機能性能なら安い方が良い

2023年モデルのMCK70Zは、型落ち品ではありますが、2024年モデルのMCK704Aと機能や性能は全く同じです。

発売年が1年ほど古いですが、価格はMCK704Aよりも2万円前後お安くなっています。

最新家電にこだわりがなければ、お求めやすいMCK70Zが良いでしょう。

▼2023年モデル ダイキン加湿空気清浄機MCK70Zはこちら

>>MCK70Zの口コミ評判、お手入れやフィルター交換についてはこちらでご紹介しています。

MCK704AとMCK70Zの特長や機能は?ダイキン加湿空気清浄機


ダイキン加湿ストリーマ空気清浄機 MCK704AMCK70Zの違いをご紹介しましたが、共通する機能や特長についてご紹介します。

MCK704AMCK70Zは、適応床面積は31畳まで。
8畳を清浄する目安は9分です。

有害物質やニオイに2倍のパワー!ツインストリーマ

MCK704AMCK70Zは、従来機に比べ2倍のストリーマユニットを搭載しています。

  • 有害ガスの除去スピード 約2倍
  • 脱臭性能 約2倍
  • 除菌スピード 約2倍
    有害物質を捕らえたTAFU(タフ)フィルターを除菌

カビ、花粉、ダニのフンや死骸などのアレル物質、ニオイ、ホルモアルデヒド、ディーゼル粉塵、自動車の排ガス、ホコリ、黄砂、PM2.5

プラズマ放電の一種のストリーマが、このような有害化学物質を分解します。

更には、有害物質を捕らえたフィルターまで除菌します!

お部屋の空気の汚れやニオイにお悩みの方は、2倍のパワーで分解してくれるMCK704AMCK70Zがぴったりです♪

微細な粒子を99.97%除去!約10年交換不要TAFUフィルター

ダイキン加湿ストリーマ空気清浄機MCK704AMCK70Zは、約10年交換不要のTAFU(タフ)フィルターが採用されています。

花粉の1/100ほどの大きさである・0.3μmの微細な粒子を99.97%除去します。

撥水・撥油効果の高い素材を使用したフィルターを採用しているので、静電力が落ちにくいのが特長です。

10年後でも集塵効率は約1.4倍
(初期が[100]だとしたら10年後[72])

フィルター交換は10年と言われても、疑問を感じたりするものですが、10年後でもそれなりの集塵効率があるので安心して使用できますね。

1年中飛散する花粉を無力化

MCK704AMCK70Zは、『花粉問題対策事業者協議会認証』商品です。

花粉に強く、1年中飛散する花粉を無力化します。


花粉アレルゲンを30分で99%以上除去
(約8畳試験空間で約30分後の効果)

花粉に排ガスやPM2.5がくっつくと凶悪化してしまいますが、花粉・排ガス・PM2.5も、3つ同時に対策可能です!


MCK704AMCK70Zがあれば快適に過ごせそうですね^^

MCK704AMCK70Zの価格はお高めですが、花粉対策製品認証ですので、しっかり花粉対策したい方にはぴったりな加湿空気清浄機と言えます。

にゃんこ
にゃんこ

花粉運転モードも搭載しているよっ!

清潔加湿でたっぷりな加湿力

ダイキン加湿ストリーマ空気清浄機MCK704AMCK70Zの加湿は、

加湿量が700ml/時
加湿しても清浄能力が低下しない
選べる3段加湿(高め・標準・控えめ)
・吹き出し温度の低下が少ないダブルパスミキシング方式

という特長があります。

また、

加湿フィルターをストリーマで除菌 加湿する水の細菌を抑制
水トレーに銀イオン剤を搭載
抗菌加湿フィルター

といった、トリプル対策で清潔加湿を実現。


加湿器はお手入れをしっかりしないと、ぬめりや雑菌が発生しやすいのがデメリットですよね。

MCK704AMCK70Zは、加湿機能に除菌や抗菌といった、加湿する水を清潔にする工夫がほどこされています。

お手入れが不要というわけではありませんが、加湿の欠点を補う機能があるのは安心ですね♪

▼2024年モデル ダイキン加湿空気清浄機MCK704Aはこちら

▼2023年モデル ダイキン加湿空気清浄機MCK70Zはこちら

使いやすい2WAY給水方式で給水が楽

MCK704AMCK70Zの水タンクの給水方式が2WAYです。

タンク給水だけでなく、タンクを外さずに上から給水することも可能

水をたっぷり入れるとタンクが重いので、上から給水できるのはとても楽ですよね^^

これなら年配の方でも楽に給水が可能です♪

気になるニオイに合わせて選べる5種類の脱臭フィルター

MCK704AMCK70Zは、別売品の特化型脱臭フィルターに対応しています。

〈靴・下駄箱臭用〉(脱臭スピード 約2.5倍)

〈介護臭用〉(脱臭スピード 約4倍)