当サイトはプロモーションが含まれています。

エアドッグX5DとX3Dの違いを比較!どっちがおすすめの空気清浄機?

エアドッグX5DとX3Dの違いを比較!どっちがおすすめの空気清浄機? 家電
スポンサーリンク

Airdog(エアドッグ)空気清浄機X5DとX3Dの違いを比較しました。

X5Dフラッグシップパフォーマンスモデル
X3Dコンパクトモデル
違いを比較してみると、大きさだけでなく、下記の8つの違いがあることが分かりました。

エアドッグ空気清浄機X5DとX3Dの違い
  • 最大適応床畳数:X5Dは24畳、X3Dは17畳
  • センサーの違い:X5DはCO2センサー搭載、X3Dは光&人感センサー搭載
  • 排気システムの違い:X5Dは上部、X3Dは上部・左右の3方向
  • 大きさと重さX3Dの方がコンパクトで軽い
  • キャスターの有無:X5Dのみキャスター付き
  • 運転音の違いX3Dの方が静か
  • 消費電力(電気代)の違いX3Dの方が低い
  • 価格の違いX3Dの方が安い
エアドッグ空気清浄機X5Dがおすすめな人
  • リビング・店舗やオフィスなど、広い部屋で使いたい
  • 人が多い場所で使うので換気のタイミングを知りたい

▼おすすめスペースは~24畳 CO2センサー搭載!エアドッグX5Dはこちら

>>X5Dの口コミ評判レビュー、電気代や特長についてはこちらの記事でご紹介しています。

エアドッグ空気清浄機X3Dがおすすめな人
  • 17畳以下の部屋で使いたい
  • コンパクトだけどパワフルな空気清浄機がほしい

▼おすすめスペースは~17畳 光&人感センサー搭載!エアドッグX3Dはこちら

>>X3Dの口コミ評判レビュー、電気代やフィルターについてはこちらの記事でご紹介しています

違いの詳細や共通する機能・特長などは本文にて詳しく解説しますね♪

X5DとX3Dの違いを比較!エアドッグ空気清浄機

Airdog(エアドッグ)空気清浄機X5DとX3Dの違いを比較したところ、下記の8つの違いがありました。

エアドッグX5DとX3Dの違い
  • 最大適応床畳数:X5Dは24畳、X3Dは17畳
  • センサーの違い:X5DはCO2センサー搭載、X3Dは光&人感センサー搭載
  • 排気システムの違い:X5Dは上部、X3Dは上部・左右の3方向
  • 大きさと重さX3Dの方がコンパクトで軽い
  • キャスターの有無:X5Dのみキャスター付き
  • 運転音の違いX3Dの方が静か
  • 消費電力(電気代)の違いX3Dの方が低い
  • 価格の違いX3Dの方が安い

ひとつずつ解説していきますね。

最大適応床畳数の違い

エアドッグX5D:24畳
エアドッグX3D:17畳

エアドッグ空気清浄機X5DとX3Dは、最大適応床畳数が異なります。

おすすめスペースは、
X5Dが~24畳
X3Dが~17畳
となっています。

にゃんこ
にゃんこ

「~24畳」ってことは、17畳も含まれるし、とりあえずX5Dでいいかな…?

にゃまっぷ
にゃまっぷ

17畳よりも広いスペースで使う可能性もあるならそれでもいいよ。
ただ、X5Dの方が運転音が大きく、電気代と価格も高いよ

まずは、使用したい部屋の広さに合わせた空気洗浄機を選びましょう。

運転音や電気代の違いについては、後ほどご説明しますね。

センサーの違い

エアドッグX5D:CO2センサー搭載
エアドッグX3D:光&人感センサー搭載

エアドッグX5Dは、CO2センサーを搭載しています。

換気の目安になりますので、オフィスや店舗など、特に人が多い場面での使用にぴったりです。

エアドッグX3Dは、光&人感センサーを搭載しています。

部屋の電気を消した時、周りに人が居なくなった時に、ディスプレイのライトを自動でオフします。

就寝時に電気を消すと同時に、ディスプレイのライトが消えるので、いちいちライトオフの設定をする必要がありません♪

ちなみに、空気の汚れ具合を示す「AQIセンサー」は、X5D・X3Dどちらにも搭載されています。

排気システムの違い

エアドッグX5D:上部
エアドッグX3D:上部・左右の3方向

エアドッグX5Dは、上部からの排気です。

エアドッグX3Dは、本体上部・左右2ヶ所の計3ヶ所から排気します。

コンパクトでありながら、ハイレベルに空間清浄します。

X3Dのサイドの送風口は、開閉可能です。

にゃまっぷ
にゃまっぷ

寒い季節だと、風が寒いと感じることもあるので、開閉できるのは嬉しいですね♪

大きさと重さの違い

エアドッグX5D:高さ65×奥行き31.6×幅30.6cm・質量11.1kg
エアドッグX3D:高さ56×奥行き26×幅27cm・質量6.4kg

コンパクトモデルであるX3Dの方がコンパクトで軽いです。

サイズの差は、高さ9×奥行き5.6×幅3.6cm
重さの差は4.7kg

適応畳数が異なるので、大きさが異なって当然ですよね。

キャスターの有無

エアドッグX5D:キャスターあり
エアドッグX3D:キャスターなし

X5Dは10kgオーバーと重いですが、キャスターが付いています

キャスターが付いていると、掃除の時でもサッと動かすことができて便利ですよね♪

X3Dはキャスターはありませんが、6.4kgですので、そこまで移動が苦にならないでしょう。

運転音の違い

エアドッグX5D:22.3dB~51dB
エアドッグX3D:22.3dB~44.5dB

運転音はX3Dの方が少し静かです。

・20dBの目安は「ささやき」「木の葉のふれあう音」
・30dBの目安は「郊外の深夜」「ささやき声」
・40dBの目安は「市内の深夜」「図書館」
・50dBの目安は「静かな事務所」「換気扇から1mの距離」

モードX5D(dB)X3D(dB)
Sleep22.322.3
L1モード29.425.1
L2モード34.329.5
L3モード41.239
L4モード5144.5
X5DとX3Dの運転音

最小モードの「Sleepモード」の運転音は同じですが、他モードはX3Dの方が静かです。

X5Dのレベル4モードは、50dBを超えますので、「うるさい」と感じる場合もありそうですね。

最大モードで長時間運転することはないと思いますが、特に音に敏感な方は運転音も考慮すると良いでしょう。

消費電力の違い

エアドッグX5D:12W~55W
エアドッグX3D:8.7W~27W

消費電力もX3Dの方が低いです。

消費電力が異なると、電気代がどのくらい差が出るか計算してみました。

▼X5DとX3Dの電気代の目安

モード(消費電力)X5D(12時間×30日)X3D(12時間×30日)
Sleep(12W)約134円(8.7W)約97円
L1(15W)約167円(9.9W)約110円
L2(18W)約201円(11.1W)約124円
L3(23W)約257円(15.8W)約176円
L4(55W)約614円(27W)約301円
X5DとX3Dの電気代 ※1kWh31円で計算

Sleep~レベル3までは、そこまで差はなく数十円の差です。

しかし、最大モードのレベル4となると差が大きく、1日12時間×30日使用で、約313円の差になります。

にゃんこ
にゃんこ

X5Dの最大モードは電気代がお高め、と思っておいた方がいいね!

価格の違い

エアドッグX5D:14万円前後~
エアドッグX3D:10万円前後~

ショップによって価格の違いはありますが、X5Dの方が価格は高いです。
4万円ほどの差があります。

適応畳数が異なりますので、当然といえば当然ですね。

大手ECサイトの価格は下記からチェックできますので、気になる方はチェックしてみてくださいね。

大きさ・運転音・消費電力(電気代)もX5Dの方が大きいので、基本的には最大適応畳数に合わせて選ぶと良いですね^^

▼価格は14万円前後 最大適応畳数24畳 X5D

▼価格は10万円前後 最大適応畳数17畳 X3D

にゃんこ
にゃんこ

価格の他に、
・クーポンの有無
・ポイント還元率
もチェックするといいよっ!

エアドッグX5DとX3D空気清浄機の比較表

型番X5DフラッグシップパフォーマンスモデルX3Dコンパクトモデル
清浄空気供給量 30分間で65㎡分のキレイな空気を供給30分間で48㎡分のキレイな空気を供給
エアドッグ
おすすめスペース
〜24畳
(日本電機工業会基準(JEM1467)に基づく)
・自宅リビング
・店舗
・オフィス
~17畳
(日本電機工業会基準(JEM1467)に基づく)
・寝室
・子供部屋
・会議室
最小除去粒子0.0146µm0.0146µm
実装センサーAQIセンサー CO₂センサーAQIセンサー 光センサー 人感センサー
排気システム上部上部・左右(左右は開閉可能)
サイズ高さ65×奥行31.6×幅30.6cm高さ56×奥行き26×幅27cm
質量11.1kg6.4kg
運転音22.3~51dB22.3~45.5dB
消費電力 (モード別)Sleep:12W
L1:15W
L2 :18W
L3:23W
L4:55W
Sleep:8.7W
L1:9.9W
L2:11.1W
L3:15.8W
L4:27W
価格14万円前後~10万前後~
※ 密閉された試験空間における結果であり、実使用空間における実証結果ではありません。
使用環境、お部屋の条件により効果は異なります。
にゃまっぷ
にゃまっぷ

X5DとX3Dの違いは多いです。
基本的にはお部屋の大きさに合わせて選択するのが良いでしょう♪

▼おすすめスペースは~24畳 CO2センサー搭載!エアドッグX5Dはこちら

▼おすすめスペースは~17畳 光&人感センサー搭載!エアドッグX3Dはこちら

エアドッグX5DとX3Dどっちがおすすめの空気清浄機?

Airdog(エアドッグ)空気清浄機
X5Dフラッグシップパフォーマンスモデル
X3Dコンパクトモデル
の違いを踏まえて、どちらがどんな人におすすめなのかを整理しますね。

エアドッグX5Dがおすすめな人

エアドッグX5Dがおすすめな人
  • リビング・店舗やオフィスなど、広い部屋で使いたい
  • 人が多い場所で使うので換気のタイミングを知りたい

X5Dの最大適応畳数は24畳

CO2センサーを搭載しており、換気が必要なタイミングが一目瞭然です。

人が多い場所では二酸化炭素量が増えますので、家族の多い方やオフィス・店舗での使用に特にぴったりです。

▼最大適応畳数24畳 CO2センサー搭載!エアドッグX5Dはこちら

>>X5Dの口コミ評判レビュー、電気代や特長についてはこちらの記事でご紹介しています。

エアドッグX3Dがおすすめな人