当サイトはプロモーションが含まれています。

シャークIW3241JとCS851JMVAEの違いを比較!どっちがおすすめ?

シャークIW3241JとCS851JMVAEの違いを比較!どっちがおすすめ? 家電
スポンサーリンク

Sharkシャーク掃除機
・[CleanSense iQ+コードレススティッククリーナーIW3241J]
・[EVOPOWER SYSTEM iQ+ コードレススティッククリーナー CS851JMVAE(CS851JAE)]
の違いを比較し、どちらがどんな人におすすめなのかを解説します。

[CS851JMVAE]と[CS851JAE]がありますが、表記は違いますが、どちらも同じ製品です。
(シャークに確認済。)
こちらの記事では「CS851JMVAE」でお届けします。

2023年6月発売・CleanSense iQ+ IW3241J。
2022年9月発売・EVOPOWER SYSTEM iQ+ CS851JMVAE。

違いを比較してみると、下記の違いがありました。

IW3241JとCS851JMVAEの違い
  • 価格の違い:IW3241Jの方が高い
  • センサーの種類の違い:IW3241Jの方が充実
  • バッテリー付属数:CS851JMVAEは2個付属
  • 消費電力の違い:IW3241Jの方が高い
  • 大きさと重量:IW3241Jの方が大きくて重い
  • 持ち手の形状
  • カラーバリエーションの違い

CleanSense iQ+ IW3241Jがおすすめな人
  • 最上位モデルの掃除機が欲しい
  • 最新テクノロジーで高性能な掃除機が良い
  • 楽に徹底的に掃除をしたい

CleanSense iQ+IW3241Jは、
[ライトチタニウム(IW3241JSL)]
[メタルブラック(IW3241JBK)]の2色展開です。

▼2023年発売 CleanSense iQ+ IW3241J
公式ストアでの購入で、保証が1年延長されます。

>>IW3241Jの口コミ評判レビュー、充電時間とフィルターの水洗いについては、こちらの記事でご紹介しています。

EVOPOWER SYSTEM iQ+ CS851JMVAEがおすすめな人
  • 予算をなるべく抑えたい
  • 電気代もなるべく抑えたい
  • 部屋が広い・隅々まで掃除したいので、バッテリーが2つあった方が良い

EVOPOWER SYSTEM iQ+ CS851JMVAEのカラーは、[モーヴグレイ]の一色のみです。

▼2022年発売 EVOPOWER SYSTEM iQ+ CS851JMVAE
公式ストアでの購入で、保証が1年延長されます。

\スマイルSALE開催中!/
Amazon
\ご愛顧感謝デー開催中!要エントリー/
楽天市場
\paypayで毎日5%獲得/
Yahooショッピング

>>CS851JMVAE(CS851JAE)の口コミ評判レビュー、フィルターについては、こちらの記事でご紹介しています。

迷っている方の参考になれば幸いです。

IW3241JとCS851JMVAEの違いを比較!シャーク掃除機

Sharkシャーク掃除機
・[CleanSense iQ+コードレススティッククリーナーIW3241J]
・[EVOPOWER SYSTEM iQ+ コードレススティッククリーナー CS851JMVAE(CS851JAE)]
の違いを比較すると、下記の違いがあることが分かりました。

  • 価格の違い:IW3241Jの方が高い
  • センサーの種類の違い:IW3241Jの方が充実
  • バッテリー付属数:CS851JMVAEは2個付属
  • 消費電力の違い:IW3241Jの方が高い
  • 大きさと重量:IW3241Jの方が大きくて重い
  • 持ち手の形状
  • カラーバリエーションの違い

価格の違い

・2023年発売 CleanSense iQ+ IW3241J:89,650円
・2022年発売 EVOPOWER SYSTEM iQ+ CS851JMVAE:79,750円

にゃまっぷ
にゃまっぷ

上記の金額は定価です。
約1万円の差があります。

新機種であるIW3241Jが発売されたことで、CS851JMVAEの価格は更に下がりつつあります。

大手ECサイトの価格や最安値が気になる方は、下記からご覧になってみて下さいね。

センサーの種類の違い

・2023年発売 CleanSense iQ+ IW3241J
4つのセンサー搭載

・2022年発売 EVOPOWER SYSTEM iQ+ CS851JMVAE
iQテクノロジー・ヘッドライト搭載

CleanSense iQ+ IW3241Jの4つのセンサー

・iQセンサー:ゴミの量に合わせて吸引力を自動調整
・エッジセンサー:壁際や部屋の角を検知し、吸引力を自動でアップ
・フロアセンサー:床材に合わせてブラシの回転速度を自動調整
・ライトセンサー:ヘッドライトを自動的に明るく調整

IW3241Jは、4種のセンサーが搭載されており、掃除機能が充実しています。

EVOPOWER SYSTEM iQ+ CS851JMVAE

iQテクノロジー
・ヘッドライト

CS851JMVAEは、iQテクノロジーを搭載しています。
iQテクノロジーは、IW3241JのiQセンサーと同機能です。

また、CS851JMVAEは、ライトセンサーは搭載していませんが、LEDヘッドライトを搭載しています。

にゃまっぷ
にゃまっぷ

掃除機能は、やはり新モデルであるIW3241Jが充実していますね!

IW3241Jは、自動機能が充実していて、楽にお掃除できます♪

バッテリー付属数

・2023年発売 CleanSense iQ+ IW3241J:1個
・2022年発売 EVOPOWER SYSTEM iQ+ CS851JMVAE:2個

CS851JMVAEは、バッテリーが2個付属しています。

バッテリーの数が違うので、使用可能時間が異なります

IW3241Jの使用可能時間

コードレススティックでの使用時
・iQ(標準)モード:約7~32分
・エコモード:約32分
・ブーストモード:約7分
ハンディでの使用時
・iQ(標準)モード:約8~42分
・エコモード:約42分
・ブーストモード:約8分

CS851JMVAEの使用可能時間(バッテリー2個連続使用時

コードレススティックでの使用時
・iQ(標準)モード:約14~50分
・エコモード:約50分
・ブーストモード:約14分
ハンディでの使用時
・iQ(標準)モード:約14~62分
・エコモード:約62分
・ブーストモード:約14分

ブーストモードは、より強力な吸引力で、大きめ・多めのゴミを取り除く時、時短でお手入れしたい時などに使用します。

にゃまっぷ
にゃまっぷ

CS851JMVAEのバッテリーは、ひとつ4,400円します!

最初からバッテリーが2個付属しているのは、お得感がありますね♪

消費電力の違い

・2023年発売 CleanSense iQ+ IW3241J:300W
・2022年発売 EVOPOWER SYSTEM iQ+ CS851JMVAE:225W

電気代の差を計算してみました。
使用環境や地域、電力会社によっても異なりますので、あくまで【目安】として参考程度にお願いします。

IW3241Jの電気代

定格消費電力:300W
30分使用:約5円
30分×30日使用:約140円

CS851JMVAEの電気代

定格消費電力:225W
30分使用:約3.5円
30分×30日使用:約105円

にゃんこ
にゃんこ

定格消費電力は、最大限の消費電力だよ~
電気代はもっと安くなるよっ。

電気代は、IW3241Jの方が少し高いです。
1日30分使用した1ヶ月の電気代の差は、約35円ほど。
1年で約420円ほどの差になります。

IW3241Jは、少し電気代が高くなるとはいえ、4つのセンサーで自動調整する機能も搭載しています。
機能と電気代を天秤にかけて検討するといいですね。

▼2023年発売 CleanSense iQ+ IW3241J
公式ストアでの購入で、保証が1年延長されます。

▼2022年発売 EVOPOWER SYSTEM iQ+ CS851JMVAE
公式ストアでの購入で、保証が1年延長されます。

\スマイルSALE開催中!/
Amazon
\ご愛顧感謝デー開催中!要エントリー/
楽天市場
\paypayで毎日5%獲得/
Yahooショッピング

大きさと重量

・2023年発売 CleanSense iQ+ IW3241J
高さ106.8×幅26×奥行き31.6cm
約2.2kg

・2022年発売 EVOPOWER SYSTEM iQ+ CS851JMVAE
高さ104×幅25.8×奥行き11.4cm
約2.0kg

より軽くてコンパクトなのは、CS851JMVAEです。

大きさと重さは、そこまで大きな違いはありませんが、一番違いがあるのが奥行きです。
この奥行きの差は、持ち手の形状が異なるためです。

では、持ち手の形状の比較を説明しますね。

持ち手の形状

▼IW3241J

▼CS851JMVAE

IW3241Jの持ち手は、ダイソン掃除機と似た形状ですね。

CS851JMVAEの持ち手は、ストレートです。

にゃまっぷ
にゃまっぷ

この持ち手は、好みが分かれそうですね。

個人的には、IW3241Jの方が好きです。

カラーバリエーションの違い

・2023年発売 CleanSense iQ+ IW3241J
[ライトチタニウム(IW3241JSL)][メタルブラック(IW3241JBK)]の2色

・2022年発売 EVOPOWER SYSTEM iQ+ CS851JMVAE
[モーヴグレイ]一色のみ

▼IW3241J

▼CS851JMVAE

カラーも好みが分かれそうですね。

お好みのカラーを選択してもいいですが、お部屋の雰囲気とカラーを考慮して選択するのもいいですね^^

▼2023年発売 CleanSense iQ+ IW3241J
公式ストアでの購入で、保証が1年延長されます。

▼2022年発売 EVOPOWER SYSTEM iQ+ CS851JMVAE
公式ストアでの購入で、保証が1年延長されます。

\スマイルSALE開催中!/
Amazon
\ご愛顧感謝デー開催中!要エントリー/
楽天市場
\paypayで毎日5%獲得/
Yahooショッピング

IW3241JとCS851JMVAEどっちがおすすめ?シャーク掃除機

Sharkシャーク掃除機
・[CleanSense iQ+コードレススティッククリーナーIW3241J]
・[EVOPOWER SYSTEM iQ+ コードレススティッククリーナー CS851JMVAE(CS851JAE)]
の違いを比較しましたが、どちらがどんな人におすすめなのか整理しますね。

CleanSense iQ+ IW3241Jがおすすめな人

CleanSense iQ+ IW3241Jがおすすめな人
  • 最上位モデルの掃除機が欲しい
  • 最新テクノロジーで高性能な掃除機が良い
  • 楽に徹底的に掃除をしたい

IW3241Jは、掃除機能を徹底的に追求した、シャーク最上位モデルの掃除機です。

価格が高いことがデメリットですが、掃除機能を重視する方にはぴったりです。

4つの自動センサーを搭載しているのが特長でした。
・iQセンサー:ゴミの量に合わせて吸引力を自動調整
・エッジセンサー:壁際や部屋の角を検知し、吸引力を自動でアップ
・フロアセンサー:床材に合わせてブラシの回転速度を自動調整
・ライトセンサー:ヘッドライトを自動的に明るく調整

ゴミの量・壁際や部屋の角・床材など、全て自動で検知し、状況に合わせて自動で運転するので、効率的に楽に使うことができます!

ホコリが吸引しづらい壁際や角のホコリも、ストレスなく綺麗にしてくれます♪

IW3241Jの口コミや詳しい機能については、下記リンクからご覧いただけますので、気になる方はご覧ください^^

>>IW3241Jの口コミ評判レビュー、充電時間とフィルターの水洗いについては、こちらの記事でご紹介しています。

▼2023年発売 CleanSense iQ+ IW3241J
公式ストアでの購入で、保証が1年延長されます。

EVOPOWER SYSTEM iQ+ CS851JMVAEがおすすめな人

EVOPOWER SYSTEM iQ+ CS851JMVAEがおすすめな人
  • 予算をなるべく抑えたい
  • 電気代もなるべく抑えたい
  • 部屋が広い・隅々まで掃除したいので、バッテリーが2つあった方が良い

IW3241Jのように4つのセンサー機能はありませんが、iQテクノロジー(IW3241JのiQセンサーと同機能)とヘッドライトは搭載しています。

IW3241Jと比較すると、どうしても掃除機能は劣っています。

CS851JMVAEのメリットは、価格と電気代が抑えられること、バッテリーが2つ付属していることです。

バッテリーが2つあるので、お部屋を徹底的に掃除したい時も、充電切れを気にすることなく掃除することができます♪

CS851JMVAEの口コミや詳しい機能については、下記リンクからご覧いただけます^^

>>CS851JMVAE(CS851JAE)の口コミ評判レビュー、フィルターについては、こちらの記事でご紹介しています。

▼2022年発売 EVOPOWER SYSTEM iQ+ CS851JMVAE
公式ストアでの購入で、保証が1年延長されます。

\スマイルSALE開催中!/
Amazon
\ご愛顧感謝デー開催中!要エントリー/
楽天市場
\paypayで毎日5%獲得/
Yahooショッピング

IW3241JとCS851JMVAEシャーク掃除機の共通の機能や特長

Sharkシャーク掃除機
・[CleanSense iQ+コードレススティッククリーナーIW3241J]
・[EVOPOWER SYSTEM iQ+ コードレススティッククリーナー CS851JMVAE(CS851JAE)]
の違いを比較しましたが、共通する機能や特長をご紹介しますね。

▼2023年発売 CleanSense iQ+ IW3241J
公式ストアでの購入で、保証が1年延長されます。