当サイトはプロモーションが含まれています。

VOT-100とVOT-50の違いを比較!ビタントニオトースターどっちがおすすめ?

VOT-100とVOT-50違いを比較!ビタントニオトースターどっちがおすすめ? キッチン家電
スポンサーリンク

Vitantonio(ビタントニオ)オーブントースター
・2023年7月発売 VOT-100
・2022年12月発売 VOT-50
の違いを徹底比較しました。

VOT-50が型落ち品となります。

違いを比較してみると、下記の10点の違いがあることが分かりました。

ビタントニオVOT-100とVOT-50の違い
  • 価格の違い:VOT-100の方が高い
  • カスタムメモリ機能の有無:VOT-100はあり
  • 設定可能温度と時間の違い:VOT-100は240℃まで、10秒~90分(190℃以上は最長30分)
    VOT-50は250℃まで、1分~30分
  • 焼ける量の違い:VOT-100はトースト1~2枚
    VOT-50はトースト1~4枚
  • ヒーターの違い
  • 調理時間と温度の表示の有無:VOT-100は表示あり
  • ラックの違い
  • 取っ手の素材の違い
  • 消費電力の違い:VOT-100は1240WVOT-50は1200W
  • レシピブックの有無:VOT-100のみ付属
にゃんこ
にゃんこ

結構違いがあるね!

違いを踏まえて、どっちがどんな人におすすめか整理すると…

VOT-100がおすすめな人
  • トーストにこだわりたい
  • カスタムメモリ機能で好みの焼き加減を記憶させておきたい
  • 90分のロングタイマーを使いたい

▼1~2枚焼きカスタムメモリ機能搭載♪2023年発売VOT-100

VOT-50がおすすめな人
  • 価格を抑えたい
  • 一度にトーストを3~4枚焼きたい
  • メッシュラックの方が好み

▼1~4枚焼き!お求めやすいお値段♪2022年発売VOT-50

違いの詳細や共通する機能・特長などは本文にて詳しく解説しますね♪

VOT-100とVOT-50の違いを比較!

Vitantonio(ビタントニオ)オーブントースター
・2023年7月発売 VOT-100
・2022年12月発売 VOT-50
の違いを比較したところ、下記の10点の違いがありました。

ビタントニオVOT-100とVOT-50の違い
  • 価格の違い:VOT-100の方が高い
  • カスタムメモリ機能の有無:VOT-100はあり
  • 設定可能温度と時間の違い:VOT-100は240℃まで、10秒~90分(190℃以上は最長30分)
    VOT-50は250℃まで、1分~30分
  • 焼ける量の違い:VOT-100はトースト1~2枚
    VOT-50はトースト1~4枚
  • ヒーターの違い
  • 調理時間と温度の表示の有無:VOT-100は表示あり
  • ラックの違い
  • 取っ手の素材の違い
  • 消費電力の違い:VOT-100は1240WVOT-50は1200W
  • レシピブックの有無:VOT-100のみ付属

ひとつずつ解説していきますね。

価格の違い

VOT-100:22,000円
VOT-50:11,000円

新しいモデルであるVOT-100方が価格は高いです。

サイトによって価格は異なりますが、定価は11,000円の差があります。

VOT-100は、VOT-50の倍のお値段となっています。

どんな違いがあるかは、これから詳しく説明していきますね。

VOT-100・VOT-50の価格比較や最安値は、下記からチェックできますので、気になる方はチェックしてみてくださいね。

にゃんこ
にゃんこ

価格の他に、
・クーポンの有無
・ポイント還元率
もチェックするといいね!

カスタムメモリ機能の有無

VOT-100:あり
VOT-50:なし

VOT-100のみ、カスタムメモリ機能を搭載しています。

温度時間の設定を3件まで記憶できます。

登録した設定をすぐに呼び出すことができるので、便利です。

にゃまっぷ
にゃまっぷ

好みの焼き加減を見つけたら、記憶しておけます

毎回毎回、設定しなくて済むのは楽ですね♪

忙しい朝にも助かる機能ですね^^

設定可能温度と時間の違い

VOT-100:80℃~240℃/10秒~90分(190℃以上は最長30分)
VOT-50:80℃~250℃/1分~30分

VOT-100の最高温度は240℃、VOT-50は250℃

VOT-100の設定可能時間は10秒~90分(190℃以上は最長30分まで)
VOT-50は1分~30分

にゃんこ
にゃんこ

10秒で焼けるの??

にゃまっぷ
にゃまっぷ

VOT-100は、約1秒発熱するよ!

10秒で焼けるというよりは、10秒刻みの細かい設定ができるのが魅力♪

焼ける量の違い(大きさの違い)

VOT-100:トースト1~2枚、ピザ16cmまで
VOT-50:トースト1~4枚、ピザ23cmまで

ビタントニオVOT-100とVOT-50は、一度に焼ける量が異なります。

にゃまっぷ
にゃまっぷ

外形寸法はそんなに変わりありませんが、庫内有効寸法の奥行きに差があります

VOT-100:幅33×奥行き31×高さ23cm
庫内有効寸法:幅27×奥行き20×高さ9cm
重量:約3.2kg

VOT-50:幅34.4×奥行き32.6×高さ22cm
庫内有効寸法:幅28.4×奥行き27.4×高さ8.8cm
重量:約3.5kg

外形寸法は、そんなに差はありません。
VOT‐100の方が、幅は1.4cm・奥行きは1.6cm小さく、高さは1cm大きいです。

庫内寸法はVOT-100の方が、幅は1.4cm・奥行きは7.4cm小さく、高さは2mmほど大きいです。

にゃんこ
にゃんこ

一度に食パンを3~4枚焼きたいなら、VOT-50の方がいいね!

▼1~2枚焼き!カスタムメモリ機能搭載♪2023年発売VOT-100

▼1~4枚焼き!お求めやすいお値段♪2022年発売VOT-50

ヒーターの違い

VOT-100:オレンジヒート( 高効率・高出力の赤外線カーボンランプヒーター)
VOT-50:石英管ヒーター

VOT-100は、約1秒で発熱する熱効率の高いオレンジヒート( 高効率・高出力の赤外線カーボンランプヒーター)です。

パンの中に含まれる水分を閉じ込めたまま、表面はカリッと、中はモチッと仕上げます。

VOT-50は、石英管ヒーターです。
電熱線の外管に石英ガラスを使用したヒーターで、オーブントースターによく使われるスタンダードなヒーターです。

ヒーターは、新モデルのVOT-100の方が良さそうですね。

調理時間と温度の表示の有無

VOT-100:表示あり
VOT-50:表示なし

VOT-100には、時間と温度が表示されます。▼

VOT-100は、10秒ごとの細かい設定ができます。
ダイヤルだけで細かい設定は不可能なので、表示部で確認しながら設定できますね。

VOT-50には表示部がありません。▼

ラックの違い

VOT-100:ワイヤーラック
VOT-50:メッシュラック

VOT-100は、よくある一般的なトースターのラックです。▼

VOT-50は、メッシュラックです。▼

メッシュラックは焼きムラが出にくいのが魅力です。

にゃまっぷ
にゃまっぷ

メッシュラックは食材が落ちる心配もなく、個人的にはメッシュラックの方が好きです。

取っ手の素材の違い

VOT-100:天然木
VOT-50:本体と同色の持ち手

VOT-100は、持ち手が天然木になっています。▼

VOT-50は、本体と同色の持ち手です。▼

少し印象は違ってきますね。

消費電力の違い

VOT-100:1240W
VOT-50:1200W

消費電力は、VOT-100の方が40W高いです。

電気代をそれぞれ計算してみました。

30分使用した電気代
1240W(VOT-100):約19.2円
1200W(VOT-50):約18.6円

40Wの差:約0.62円

1kWh:31円で計算

VOT-100とVOT-50の電気代の差は、30分で約0.62円です。

そこまで電気代に差があるというわけではないですね。

レシピブックの有無

VOT-100:あり
VOT-50:なし

VOT-100には、使い方ガイドも記載されたレシピブックが付属しています。▼

7つのレシピということで、レシピ数は多くないですが、付属している方が嬉しいですね。

▼1~2枚焼き!カスタムメモリ機能搭載♪2023年発売VOT-100

▼1~4枚焼き!お求めやすいお値段♪2022年発売VOT-50

VOT-100とVOT-50どっちがおすすめ?ビタントニオトースター

ビタントニオオーブントースターVOT-100とVOT-50の違いを踏まえて、どちらがどんな人におすすめなのかを整理しますね。

VOT-100がおすすめな人

VOT-100がおすすめな人
  • トーストにこだわりたい
  • カスタムメモリ機能で好みの焼き加減を記憶させておきたい
  • 90分のロングタイマーを使いたい

新モデルであるVOT-100は、10秒ごとの時間設定が可能で、微妙な焼き色調整ができるのが特長。