当サイトはプロモーションが含まれています。

AGT-G13BとAGT-G13Aの違いを比較!アラジントースターどっちがおすすめ?

AGT-G13BとAGT-G13Aの違いを比較!アラジントースターどっちがおすすめ? キッチン家電
スポンサーリンク

アラジン グラファイトグリル&トースター4枚焼き
AGT-G13BAGT-G13Aの違いを比較しました。

AGT-G13Bは、2023年9月発売。
AGT-G13Aは、2018年9月発売。

AGT-G13Aは旧型の型落ち品になります。

5年ぶりのモデルチェンジになりますが、違いを比較してみると、下記の違いがあることが分かりました。

AGT-G13BとAGT-G13Aの違い
  • 価格の違い
  • ヒーターと庫内の形状の違い
  • 焼き網が可動式か否か
  • グリルパンのセラミック塗装の有無
  • グリルプレートとグリルネットの違い
  • ワット数の違い
にゃまっぷ
にゃまっぷ

トースターの機能は大きな違いはありません!

AGT-G13B(2023年発売)がおすすめな人
  • 最新のトースターが良い
  • ムラなく焼き上げたい
  • 扉周りのお手入れを楽にしたい
  • グリルパンやグリルプレートのお手入れが楽だと嬉しい

▼お手入れが楽!グラファイトeヒーターでムラなく均一な焼き上がり♪AGT-G13B

>>AGT-G13Bの口コミ評判レビュー、付属品やふるさと納税についてはこちらでご紹介しています。

AGT-G13A(2018年発売)がおすすめな人
  • 予算を抑えたい
  • トースター機能がほぼ同じなら安い方を選ぶ
  • トースト以外の長時間加熱する料理も作るので、電気代が気になる

▼価格が安く、電気代もちょっぴり安め♪2018年発売AGT-G13A

違いの詳細や共通する機能・特長などは本文にて詳しく解説しますね♪

AGT-G13BとAGT-G13Aの違いを比較!アラジントースター

アラジン グラファイトグリル&トースター(4枚焼き)AGT-G13BAGT-G13Aの違いを比較したところ、下記の違いがありました。

AGT-G13BとAGT-G13Aの違い
  • 価格の違い
  • ヒーターと庫内の形状の違い
  • 焼き網が可動式か否か
  • グリルパンのセラミック塗装の有無
  • グリルプレートとグリルネットの違い
  • ワット数の違い

ひとつずつ解説していきますね。

価格の違い

AGT-G13B(2023年発売):22,000円~
AGT-G13A(2018年発売):18,300円~
※2023年9月現在の価格です。価格は変動しますので、各サイトでご確認ください。

新しいモデルであるAGT-G13Bの方が価格は高いです。

大手ECサイトを確認したところ、4,000円弱ほどの差がありました

購入するならできるだけ安く購入したいところですよね。

それぞれの最安値は下記からチェックできますので、気になる方はチェックしてみてくださいね。

2023年モデルAGT-G13Bはこちら

▼2018年モデルAGT-G13Aはこちら

ヒーターと庫内の形状の違い

[ヒーター]
AGT-G13B(2023年発売):グラファイトeヒーター
AGT-G13A(2018年発売):グラファイトヒーター

AGT-G13Bは、グラファイトヒーターを進化させた「グラファイトeヒーター」を搭載しています。


熱がムラなく広がり、庫内温度をより均一にします

「グラファイトeヒーター」は、アラジンの電気ストーブにも採用されています。
>>アラジンの電気ストーブCAH-2G10Eの口コミ評判、機能や特長はこちらでご紹介しています

さらには、庫内の形状が改良され、より熱がムラなく広がり、庫内温度が均一化
ムラなく均一に焼き上げます

庫内の形状が変わったことで、庫内の高さに違いがあります。

[庫内の大きさ]
AGT-G13B(2023年発売):幅31×奥行き28.5×高さ9cm
AGT-G13A(2018年発売):幅31×奥行き28.5×高さ8.7cm

ほんの少しの差ですが、AGT-G13Bの方が3mmほど大きくなりました。

ちなみに、本体の大きさはどちらも[36×35.5×25cm]で同じです。

にゃまっぷ
にゃまっぷ

新モデルのAGT-G13Bは、

グラファイトeヒーターになり、さらには庫内形状が改良され・・・

よりムラなく均一に焼き上げます♪

焼き網が可動式か否か

AGT-G13B(2023年発売):焼き網が可動式で持ち上がる
AGT-G13A(2018年発売):焼き網は固定で持ち上がらない

AGT-G13Bは、焼き網が持ち上がります

扉の溝にパンくずが溜まりがちですが、焼き網を上げられるので、お掃除が楽になりました♪


にゃまっぷ
にゃまっぷ

ちなみに、焼き網はどちらも2通りの高さ(標準位置・高い位置)にセットできるのは変わりありません!
お手入れのしやすさはAGT-G13Bに軍配が上がりますね♪

グリルパンのセラミック塗装の違い

AGT-G13B(2023年発売):グリルパンにセラミック塗装あり
AGT-G13A(2018年発売):グリルパンのセラミック塗装なし


AGT-G13Bは、グリルパンにセラミック塗装が施されています

食材が焦げ付きにくく、フレンチトーストなどのくっつきやすいメニューも綺麗にはがすことができますよ~。

にゃんこ
にゃんこ

お手入れもしやすいし、綺麗に仕上がると気分がいいニャン♪

グリルプレートとグリルネットの違い

AGT-G13B(2023年発売):グリルプレート
AGT-G13A(2018年発売):グリルネット

▼AGT-G13B [グリルプレート


AGT-G13Aグリルネット


使い勝手はそこまで違いはなさそうですが、グリルプレートの方が表面が滑らかでお手入れが簡単そうですね♪

ワット数の違い

AGT-G13B(2023年発売):1390W
AGT-G13A(2018年発売):1300W

AGT-G13Bの方がワット数が90W増えました

にゃまっぷ
にゃまっぷ

焼き時間が短縮されたのかな?と思ったのですが、焼き時間の目安は変わりありませんでした!

電気代は、AGT-G13Bの方が若干高くなります。
20分使用で、電気代の差は約0.9円
1時間使用で、電気代の差は約2.8円です。
※1kWh31円で計算

そこまで差があるわけではないですね。

ただ、長時間加熱する料理を毎日のように作る場合は、AGT-G13Aの方が電気代を抑えられるメリットがあります♪

▼お手入れが楽!グラファイトeヒーターでムラなく均一な焼き上がり♪AGT-G13B

▼価格が安く、電気代もちょっぴり安め♪2018年発売AGT-G13A

AGT-G13BとAGT-G13Aアラジントースターどっちがおすすめ?

アラジン グラファイトグリル&トースター(4枚焼き)AGT-G13BAGT-G13Aの違いを踏まえて、どちらがどんな人におすすめなのかを整理しますね。

AGT-G13Bがおすすめな人


AGT-G13Bがおすすめな人
  • 最新のトースターが良い
  • ムラなく焼き上げたい
  • 扉周りのお手入れを楽にしたい
  • グリルパンやグリルプレートのお手入れが楽だと嬉しい

AGT-G13Bは、
・焼き網が持ち上げることができる
・グリルパンにセラミック塗装がされている
・グリルプレートに変更された
こちらの3点の変更があり、お手入れがしやすくなりました

グラファイトeヒーターを搭載、庫内の形状が改良されたことから、よりムラなく均一に焼き上げられます

デメリットとしては、AGT-G13Aより若干電気代が高くなることです。

お手入れの簡単さを重視する方、焼き上がりの均一さにこだわる方には、新モデルのAGT-G13Bがぴったりです。

▼お手入れが楽!グラファイトeヒーターでムラなく均一な焼き上がり♪AGT-G13B

>>AGT-G13Bの口コミ評判レビュー、付属品やふるさと納税についてはこちらでご紹介しています。

AGT-G13Aがおすすめな人


AGT-G13Aがおすすめな人
  • 予算を抑えたい
  • トースターの機能がほぼ同じなら安い方が良い
  • トースト以外の長時間加熱する料理も作るので、電気代が気になる

AGT-G13Aは、新モデルのAGT-G13Bと比べると、お手入れのしやすさでは劣ります。

しかし、トースターの機能は大きな違いはなく、電気代がちょっぴり安いのが嬉しいポイント♪

AGT-G13Bと定価は変わらないものの、旧型品ということで価格が落ちているので、買い時です!

にゃまっぷ
にゃまっぷ

旧型品であるAGT-G13Aは、在庫限りです!

気になる方はお早めにお買い求めください~!

▼価格が安く、電気代もちょっぴり安め♪2018年発売AGT-G13A

AGT-G13BとAGT-G13Aの共通の機能や特長 アラジントースター

アラジン グラファイトグリル&トースター(4枚焼き)AGT-G13BAGT-G13Aの違いを解説しましたが、2つの共通点をご紹介しますね。

アラジン グラファイトグリル&トースター(4枚焼き)の紹介動画はこちら▼