当サイトはプロモーションが含まれています。

UVOウーボ日傘の2段3段の違いは?おすすめの折りたたみはどっち?

UVOウーボ日傘の2段3段の違いは?おすすめの折りたたみはどっち? 暮らし

UVO(ウーボ)折りたたみ日傘の2段・3段の違いを徹底比較しました。

違いを比較してみると、の違いがあることが分かりました。

UVO折りたたみ日傘2段・3段の違い
  • 2way仕様(長傘としても持ち運べる)か否か
  • 親骨と直径の違い
  • 骨の本数
  • 収納時の長さの違い
  • 重さの違い
  • 手開きタイプの違い

・長傘でも折りたたみでも持ち運びたい方は2段
・しっかり大きめサイズで、開閉がすぐにできる折りたたみが良い方は3段

がおすすめになります。

UVO折りたたみ日傘の違いの詳細について詳しくご紹介します。
どっちが良いか迷っている方の参考になれば幸いです。

▼2way仕様で長傘としても持ち運べる♪UVO折りたたみ日傘2段の詳細を見てみる

▼大きめサイズでイージーオープン♪UVO折りたたみ日傘3段の詳細を見てみる


違いの詳細や共通する機能・特長などは本文にて詳しく解説しますね♪

UVOウーボ日傘の2段3段の違いは?

UVO(ウーボ)折りたたみ日傘の2段・3段の違いを徹底比較したところ、下記の違いがありました。

UVO折りたたみ日傘2段・3段の違い
  • 2way仕様(長傘としても持ち運べる)か否か
  • 親骨と直径の違い
  • 骨の本数
  • 収納時の長さの違い
  • 重さの違い
  • 手開きタイプの違い

ひとつずつ解説していきますね。

UVOウーボ日傘の2段3段の違い①2way使用か否か

UVO折りたたみ日傘2段:2way仕様、長傘にもなる
UVO折りたたみ日傘3段:折りたたみのみ

UVO日傘の大きな違いとして、2段は2way仕様の折りたたみ傘で、長傘としても持ち運びができます

3段は、長傘にはならず、折りたたみのみになります。

基本的には収納して持ち運びたいけど、「収納時に毎回毎回折りたたむのが面倒!」と感じている方には2段がぴったりです♪

UVO日傘は晴雨兼用ですので、傘が雨で濡れた時には、長傘として持ち運べた方が楽ですね^^

UVOウーボ日傘の2段3段の違い②親骨と直径の違い

UVO折りたたみ日傘2段:親骨50cm、直径88cm
UVO折りたたみ日傘3段:親骨55cm、直径90cm

UVO日傘2段の親骨は50cm、直径は88cm。↓

3段の親骨は55cm、直径は90cm
深張りタイプでドーム型シルエットとなっています。↓

直径は2cmの差ですが、ドーム型のシルエットと合わせて見ると、3段の方がしっかりと大きく感じますね。

UVOウーボ日傘の2段3段の違い③骨の本数

UVO折りたたみ日傘2段:8本骨
UVO折りたたみ日傘3段:6本骨

2段・8本骨

3段・6本骨

写真で見る限りでは、骨の本数の違いがそこまでわからないですね。

UVOウーボ日傘の2段3段の違い④収納時の長さの違い

UVO折りたたみ日傘2段:40cm
UVO折りたたみ日傘3段:35cm

UVO折りたたみ日傘2段の収納時の長さは、40cm
3段の収納時の長さは、35cmです。

収納時は、3段の方が5cmほどコンパクトになりますね。

UVOウーボ日傘の2段3段の違い⑤重さの違い

UVO折りたたみ日傘2段:250~280g
UVO折りたたみ日傘3段:240~270g

UVO折りたたみ日傘2段の重さは、250~280g。
3段の収納時の長さは、240~270gです。

個々によって重さは異なりますが、目安としては2段の方が少し重いです。

UVO折りたたみ日傘は、バンブー手元で天然素材を使用しているため、同じものは存在しません。

傘の重量もそれぞれ異なりますので、重さの目安は異なります。

UVOウーボ日傘の2段3段の違い⑥手開きタイプの違い

UVO折りたたみ日傘2段:ポキポキタイプ
UVO折りたたみ日傘3段:イージーオープン

UVO折りたたみ日傘2段は、ポキポキタイプ。
3段の収納時の長さは、イージーオープンです。

2段は長傘としても持ち運べるメリットはあるものの、すぐに開閉できるタイプではなく、開閉は少し手間がかかります。

3段はイージーオープンタイプで楽に開閉できます♪

▼2way仕様で長傘としても持ち運べる♪UVO折りたたみ日傘2段の詳細を見てみる

▼大きめサイズでイージーオープン♪UVO折りたたみ日傘3段の詳細を見てみる

UVOウーボ日傘の2段3段どっちがおすすめ?

UVO(ウーボ)折りたたみ日傘の2段・3段の違いを踏まえて、どちらがどんな人におすすめなのかを整理しますね。

UVO日傘2段がおすすめな人

UVO折りたたみ日傘2段がおすすめな人
  • 長傘としても持ち運びたい
  • 開閉時にポキポキするタイプでも苦にならない
  • コンパクトなシルエットの日傘が好み

UVO折りたたみ日傘2段の特長として、2way仕様長傘としても持ち運ぶことができます

使用頻度が高い時は長傘、しばらく使わない時は折りたたみにするなど、使い分けできるのが魅力です♪

デメリットとして、手開きのポキポキタイプのため、開閉の際は少し手間がかかります。

にゃまっぷ
にゃまっぷ

私も同じようなタイプの折りたたみを使っていますが、苦には感じなく、長傘になるメリットの方が上回ります♪

3段よりも親骨と直径は小さく、コンパクトシルエットの日傘が好みの方におすすめです。

▼2way仕様で長傘としても持ち運べる♪UVO折りたたみ日傘2段の詳細を見てみる

UVO日傘3段がおすすめな人

UVO折りたたみ日傘3段がおすすめな人
  • しっかり大きめながらも収納時はコンパクトになる日傘が欲しい
  • 簡単に開閉できる日傘が良い
  • ドーム型シルエットが好み

UVO折りたたみ日傘3段は、親骨55cmでしっかり大きめサイズ

深張りタイプでドーム型シルエットが好みの方にぴったりです。

3段は、イージーオープンでサッと開閉できるのも魅力です♪

▼大きめサイズでイージーオープン♪UVO折りたたみ日傘3段の詳細を見てみる

UVOウーボ日傘の2段3段の共通の機能や特長

UVO折りたたみ日傘2段・3段の違いをご紹介しましたが、共通の機能や特長をご紹介しますね。

遮光率・UVカット率100%!

UVO折りたたみ日傘は、遮光率・UVカット率共に100%

UPFは、50+が最高値となります。
皮膚が赤くなり始める時間を約50倍以上遅らせてくれます。

にゃんこ
にゃんこ

紫外線対策がしっかりできること間違いなしだねっ!

特殊構造生地で半永久的に効果が持続